スタッフブログ

小倉 

過去の経験に学ぶ

[2019/07/30]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
プライベートダイアリー
フロント業務とメカニックという二足の草鞋を履くようになって約3ヵ月が経ち、次第にフロント業務の割合が増えてきました。
慣れない仕事で毎日問題にぶつかり、自分の処理能力の低さが嫌になってきます。
そんなプレッシャーに負けそうな時は過去の経験に学ぶのが一番。

恥ずかしながら転職を繰り返してきた為、仕事も人間関係も0から作っていく必要に迫られてきました。
数少ない過去の写真を見ていると当時の苦労が蘇ってきます。
そんな思い出も10年、15年と経って振り返ってみると懐かしく感じるのは不思議なものですね。
今までもっとキツイ事もあったが何とかやってきたので今回もきっと上手く出来るはず・・・
どちらも中途半端な形とならないよう、気を引き締めていきたいところです。
塗装をやっていた時の画像です。
休憩時間にこっそり撮ったものでこれ一枚しかありません。
失敗して怒られてばかりでしたが上手く塗れた時は喜びもひとしおです。
軍隊みたいな組織でしたが技術を学ぶには最高の環境でした。
一つ一つの作業や工程、何気ない動作、全てに合理的な理由があり、工程管理も突き詰めるとここまで洗練されるのかと感心したものです。
クルマ好きが高じてこんな仕事もやっていました。
慎重さと大胆さの両方を求められ、非常に気を遣う仕事でした。
会社を出発したら最後、頼れるのは自分と携帯電話で繋がっている仲間達だけです。
夜勤は眠気との戦いでしたが、頑張った分は必ず数字となって返ってくるので達成感がありました。


最近でこそ写真を記録するという習慣が出来たのですが、当時はそれどころではなく、何年も働いていたのに残っている写真が2~3枚しかないというのは残念なところです。
毎日が辛く苦しい事ばかりだったので写真を撮る気なんて全く起きなかったんですよね。

行き詰っている状況も何年か経って振り返ればきっと良い思い出となっている事でしょう。