スタッフブログ

小倉 

エアコン修理

[2020/05/26]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
メンテナンスTips
今年もそろそろエアコン修理の依頼が増えてきました。
直近で壊れたのか冬の間に壊れていたのかは分かりませんが、気温が上がり、冷房を使い始めるこの時期に皆さん故障に気付かれるようです。
エアコンの不具合はガス漏れ、コンプレッサーのクラッチ故障、或いはエアコンシステムには問題が無くフェイルセーフで作動を止めてしまっている場合等多岐に渡ります。

最近は室内エアコンユニットの中にあるエバポレーター(熱交換機)からのガス漏れが多いですね・・・
エアコンユニットの交換は冷却水を抜き取り、センターコンソール、ダッシュボード、ステアリングコラム一式、前席シート等を取り外す大仕事。
後付け電装品の配線が変な取り回しになっていた時なんかは悪夢です。
また、近頃のクルマのダッシュボードは奥行きが大きく、狭いドアの開口部から取り出すのに気を使います。

標準作業時間は6時間程となっていますが・・・本当にその時間で出来るのか?
↑が問題の室内エアコンユニット。(約11万円)
エバポレーター、吹き出し口切り替えフラップやモーター等が組み込まれたユニットとなっています。
丸い穴の部分にブロアーファンを、下部の長穴に暖房用ヒーターコアを組み替えて取り付けます。
国産車ではエバポレーターだけを交換できますが、シトロエンでは残念ながらユニットでの供給となります。
奥に見えるコアがエバポレーター。
手前の円筒形の部分にブロアーファンが入り、エバポレーターを空気が通り抜ける際、冷風が生成されます。
この部分で凝縮された水がドレーンパイプを伝って車外へ排出されます。
ほぼ密閉された空間故エンジンを止めた後も湿りがちなので、エバポレーターにとって高温多湿の日本は厳しい環境なのかもしれません。

目に見えない位の小さな腐食穴でもタイヤの空気圧以上のガス圧が掛かっているので、少しずつ抜けていきます。
抜けたガスは室内の吹き出し口から出てくるので、漏れの多い場合は独特の匂いですぐそれと分かります。
僅かな漏れの場合は配管内に蛍光剤を注入して可視化し、水抜きドレーン周辺の痕跡を調べます。
↑の機械はガスの回収、配管の真空引き、充填を自動で行なえる優れものです。
従来のゲージマニホールドを使って圧力を見ながら勘で注入量を調整する方法と違い、規定量をグラム単位で設定できるので過充填、充填不足の心配がありません。
各工程を手動で行うことで、診断時のテスターとしても使えます。

さて、ようやく緊急事態宣言が全国で解除され、少しずつ日常が取り戻されていくのは嬉しいものです。
「新しい生活様式」も今までの流れで自然と定着しそうですね。
経済優先での解除には不安もありますが。
結局例の布マスクは未だ届かず・・・自分の身は自分で守るしかないと理解しました。


宣言解除に伴い、弊社も時短営業を解除し通常営業となりました。
10:00~19:00(サービス当日修理最終受付17:30)
今後とも宜しくお願い致します。

小倉 

ゴールデンウイーク営業のお知らせなど

[2020/04/28]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
お知らせ
世間では既に大型連休に入った方もおられると思いますが、弊社では明日から5/6(水)までサービス工場も営業しております。
お陰様で既に多くの入庫ご予約を承っており、開けた甲斐があったといったところです。

大型連休でパーツの供給が止まった中でのサービス稼働は初めての試みではありますが、グループ販社間のネットワークも活用して何とか乗り切りたいところです。
(万一店舗在庫が尽きた場合は後日整備のご案内となりますのでご了承ください)
話は変わりますが、先日持病の定期検診で病院へ行ってきました。
新型コロナ発生後に通院するのは初めてですが、いつもと違う点がいくつか・・・

①人が少ない
⇒診察までの待ち時間は変わらないので付き添いの人が減ったのかも?
 (入院患者への面会も禁止でした)
②入り口で来院目的の確認
⇒院内感染を防ぐ為の水際対策か?
③待合席のレイアウト変更や座席の間隔確保
⇒僅かでも他人との間隔を確保する事と来院者への意識付け

他にも屋外に新型コロナ用の仮設施設があったり、平時とは異なる様々な対応の変化に封じ込めへの決意が感じられました。
この病院は私にとっても生命線なので、医療崩壊にならない事を祈るばかりです。
医療従事者の皆様ありがとうございます!
↑はダクテッドファンが特徴的なドイツのユーロコプター「EC135」
この病院はドクターヘリの基地病院となっており、滋賀県全域で30分以内に初期診療が可能との事。
運航実績を見ると2018年度は年間600件以上出動しているようです。
離発着するところを見た事はありませんが、出動しないに越した事はありませんね。

その後歯の治療で歯科医院に行き、さらに喘息の診察に近所のかかりつけ医へ・・・
貴重な休日は自身のメンテナンスで終了。
本当、歳を取るとあちこち壊れてくるので嫌になります。
不具合の兆候をいち早く察知して、モグラ叩きのように片っ端から直していく事は人もクルマも一緒です。
人間はある程度自己修復出来ますが、クルマは消耗品の塊なので放置していると壊れていく一方です。
クルマはしゃべれないので定期的に人の手で面倒を見てやらないとね。
特に輸入車は何事が無くとも定期的な点検をお勧めします。
自己診断機能も付いていますが、警告灯が点灯した時は既に手遅れといった事も多いのです。

小倉 

自転車通勤の勧め

[2020/03/23]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
プライベートダイアリー
シトロエン栗東に入って早8年目。
その間色々な変化がありましたが、変わらない習慣が自転車通勤です。
始めたきっかけは体力のアンバランス。
メカニックで使う体力は主に握力、腕力。
歩き回ったり、立ったりしゃがんだりといった動きもありますが、基本的に上半身の運動に偏っています。
スタッドレスタイヤのシーズンになると普段鍛えていない背筋が悲鳴を上げ、腰砕けになる事も。
自転車通勤を始めてからは体幹が鍛えられ、腰痛も改善されました。

ちなみに雨でも台風でも雪でも自転車通勤を続けています。
日常生活(通勤)に組み込んでしまえば嫌でも続けるしかありませんからね。
休日に100キロ走るより毎日10キロ走る方が体力はもとより、精神面にも良い影響を与えてくれるようです。
趣味としての運動は三日坊主で終わったり、悪天候を理由に中止したりで私には向かないんですよ。

暫く前の事ですが、永らく愛用していた折り畳み自転車1号機が痛んできたので、2号機を新調しました。
型遅れモデルをネット通販で安く入手。
もちろんノーマルで乗るつもりも無く、1号機からのパーツを移植&若干のカスタマイズで自分好みに。
クルマをいじるのと違って安くて助かります。
いきなり新品を分解。

私を含め、一般にクルマ好きの人は自転車好きの傾向があるようです。
クルマを改造するのも自転車を改造するのも、元を辿れば少年時代のラジコン作りと何の変りもありません。
乗り物好きは持って生まれた性なので絶対に治らないでしょうね。

クルマも自転車も分解して組み立てるという手法は同じですが、組み立てた後の調整方法は異なります。
自転車の場合、アナログ的な要素が強く、より繊細。
調整ネジを90度締めると行き過ぎなので45度にしておこうとか・・・
全てのギヤで変速がガチンと決まり、ブレーキも引きずりが無い状態で遊びを少なく調整。
異音もせず、剛性感も出せれば気分もアガります。
いきなり完成写真。
変態化最適化完了。
・ハンドルをブルホーン化
・キャリアと泥除けを装着
・スプロケをクロスレシオへ&チェーンリングの大径化でギヤ比を最適化
・ビンディングペダルの装着
基本的に安いパーツを使ってガタガタになったら潔くコンポーネントを入れ替える方針です。
雨の日に使っていると砂砂利で駆動系がすぐにダメになるので・・・
また、以前転倒して大怪我をした事があるので安全装備も抜かりありません。
まぁ、人間だからミスはするものですが、繰り返さなければ良いんですよ。
当時の怪我も「失敗してもその後対策して克服できれば過去の失敗は無かった事にする」というマイルールが適用され、無かった事に。

小径車はこぎ出しが軽く小回りが利き、ストップ&ゴーを繰り返す通勤ルートには最適です。
半面、最高速では抵抗が大きく、速度を維持するのは大変。
人間の力なんて1馬力も無いので、同じ道でもその日の体調で速度や回せるギヤが変わってくるのは興味深いところです。
データーを取っているとそういった微妙な変化も分かるので健康管理にも役立ちます。

小倉 

作業日報など

[2020/02/25]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
ショールーム日記
ある日の作業日報という事で、修理事例や作業風景等をご紹介します。
今後は作業中の進捗状況なんかも公開していければと考えています。
こういった内容ならネタに困る事が無いので比較的書きやすいのです。
(ガイドラインに引っ掛からない範囲で)
よくある修理ですが、このエンジン前側に垂れてくるのは冷却水やエンジンオイルです。
漏れてくる原因箇所は同じですが、冷却水、エンジンオイル、もしくはその両方の場合があります。
どちらにも圧力が掛かっている為、発見したら早めに手を打たないと大量漏れの原因になります。
修理はタービンアウトレット~触媒を取り外し、オイルフィルターサポート~シリンダーブロック間に付いているゴムのパッキンを交換。
古いパッキンは硬化し、柔軟性が無くなってプラスチックのようになっています。
高温、高圧にされされる為、ゴムにとっては過酷な環境と言えるでしょう。

今回2台入庫で一方は冷却水漏れ、もう一台はエンジンオイル漏れで2台並べての同時作業となりました。
N様DS4の冷却水漏れ修理+車検の完成検査。
光軸調整中。
この後指定整備記録簿の記載、保安基準適合証の交付、各種申請書類の作成を行い完成連絡をします。
この度はご用命ありがとうございました。
N様C3は12ヵ月点検を承りました。
エンジンオイル、オイルフィルター、エアコンフィルターを交換。
C4からのお乗り換えで長いお付き合いです。
今後ともよろしくお願いいたします。
M様C3はエンジンオイルの交換。
調子よくお乗りいただいているようで何よりです。
次回は半年後、12ヵ月点検のご用命お待ちしております。

当日は3連休の中日という事もあって入庫はまばら。
その後C3エアクロスの異音点検、電話対応、見積もり作成、来店受付、保証業務、入庫促進等々・・・溜まっていた事務作業を黙々とこなして一日が終了。

さて、2月も残すところ後一週間。
「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と云われるように、この時期は漫然と過ごしていると1日があっという間に過ぎてしまいます。
問題を先送りにしていると土壇場で慌てる事になるのは痛い程分かり切っているので、上手くやっていきたいところです。

小倉 

北陸ドライブ

[2020/01/28]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
プライベートダイアリー
昨年の年末に北陸方面へドライブに行ってきました。
毎年この時期の旅行は積雪の心配がある為、北陸、山陰は避けていたのですが、今回はスタッドレスタイヤがあるので意気揚々と出発。
結果としては暖冬の影響で道中の積雪も無く、スタッドレスタイヤの出番は無し。
まぁ、お陰で順調な旅路となったわけですが。
↑は富山県高岡市の景勝地「雨春海岸」(あまはらしかいがん)
源義経が雨宿りをして晴れるのを待ったという伝説があるそうです。
富山湾越しに冠雪した雄大な立山連峰が望めます。
冬の日本海はいつもどんよりと曇ったイメージなんですが、当日は珍しく快晴。
視界も良く、山の尾根までくっきり見えたのは幸運でした。
残念ながらスマホのカメラではこれが精一杯。
お昼は氷見漁港の魚市場食堂で刺身定食をいただきました。
何でも前日にテレビで紹介されたそうで、長蛇の列。
吹きさらしの中、1時間半待ってようやくありつけました。
鍋で煮込んだ漁師汁、大振りにカットされた刺身は食べ応えも充分。
寒い中待った甲斐がありました。
↑は金沢駅の「鼓門」とガラス張りの「もてなしドーム」
夕暮れ時のライトアップを狙って訪れました。⇐これが見たかった!
「鼓」をモチーフに数多くの柱をらせん状に複雑に組み合わせた構造は、一見粗削りなようで実は極めて繊細な作り。
近代的なガラス張りの屋根と日本の伝統的な木造建築の構造美が組み合わさり、荘厳な雰囲気を醸し出しています。
スケールの大きさも相まって、北陸の玄関口に相応しい堂々たる風格。
「世界で最も美しい駅」6位に選ばれるだけの事はありますね~。
多くの外国人観光客が撮影しており、一観光客に過ぎない私も日本人として何だか誇らしく思えました。

夕食はエキナカで名物の金沢おでん。
カウンターの鍋の前の特等席に陣取り、ク〇シックラガーの大瓶をチビチビやりながら出汁の浸み込んだアツアツの大根、ごぼう天、車麩、こんにゃく、じゃがいもetcをいただきました。


今回の旅行は直前の仕事が多忙だった事もあり、事前のリサーチが不十分なままでの出発となりました。
ガイドブックの見所を時間に追われながら駆け抜けたような結果に若干消化不良気味。
一緒に連れて行った高齢の両親の足の遅さも考慮して、次回はもっと余裕をもって挑みたいところです。