スタッフブログ

小倉 

エアコン修理

[2020/05/26]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
メンテナンスTips
今年もそろそろエアコン修理の依頼が増えてきました。
直近で壊れたのか冬の間に壊れていたのかは分かりませんが、気温が上がり、冷房を使い始めるこの時期に皆さん故障に気付かれるようです。
エアコンの不具合はガス漏れ、コンプレッサーのクラッチ故障、或いはエアコンシステムには問題が無くフェイルセーフで作動を止めてしまっている場合等多岐に渡ります。

最近は室内エアコンユニットの中にあるエバポレーター(熱交換機)からのガス漏れが多いですね・・・
エアコンユニットの交換は冷却水を抜き取り、センターコンソール、ダッシュボード、ステアリングコラム一式、前席シート等を取り外す大仕事。
後付け電装品の配線が変な取り回しになっていた時なんかは悪夢です。
また、近頃のクルマのダッシュボードは奥行きが大きく、狭いドアの開口部から取り出すのに気を使います。

標準作業時間は6時間程となっていますが・・・本当にその時間で出来るのか?
↑が問題の室内エアコンユニット。(約11万円)
エバポレーター、吹き出し口切り替えフラップやモーター等が組み込まれたユニットとなっています。
丸い穴の部分にブロアーファンを、下部の長穴に暖房用ヒーターコアを組み替えて取り付けます。
国産車ではエバポレーターだけを交換できますが、シトロエンでは残念ながらユニットでの供給となります。
奥に見えるコアがエバポレーター。
手前の円筒形の部分にブロアーファンが入り、エバポレーターを空気が通り抜ける際、冷風が生成されます。
この部分で凝縮された水がドレーンパイプを伝って車外へ排出されます。
ほぼ密閉された空間故エンジンを止めた後も湿りがちなので、エバポレーターにとって高温多湿の日本は厳しい環境なのかもしれません。

目に見えない位の小さな腐食穴でもタイヤの空気圧以上のガス圧が掛かっているので、少しずつ抜けていきます。
抜けたガスは室内の吹き出し口から出てくるので、漏れの多い場合は独特の匂いですぐそれと分かります。
僅かな漏れの場合は配管内に蛍光剤を注入して可視化し、水抜きドレーン周辺の痕跡を調べます。
↑の機械はガスの回収、配管の真空引き、充填を自動で行なえる優れものです。
従来のゲージマニホールドを使って圧力を見ながら勘で注入量を調整する方法と違い、規定量をグラム単位で設定できるので過充填、充填不足の心配がありません。
各工程を手動で行うことで、診断時のテスターとしても使えます。

さて、ようやく緊急事態宣言が全国で解除され、少しずつ日常が取り戻されていくのは嬉しいものです。
「新しい生活様式」も今までの流れで自然と定着しそうですね。
経済優先での解除には不安もありますが。
結局例の布マスクは未だ届かず・・・自分の身は自分で守るしかないと理解しました。


宣言解除に伴い、弊社も時短営業を解除し通常営業となりました。
10:00~19:00(サービス当日修理最終受付17:30)
今後とも宜しくお願い致します。

シトロエン栗東

カーエアコンについて

[2019/06/26]

スタッフ:
シトロエン栗東
カテゴリー:
メンテナンスTips


いつも弊社のブログをご覧いただき有難うございます。
先日より毎日良いお天気が続き、毎日真夏のような暑い日が続いております。



カーエアコンは今や無くてはならない車の必需品です。
車も永く使っていただいておりますと、カーエアコンが効かなくなったりと
(冷えない、温まらない)の症状が発生することが起こります。

冷房が効かなくなる、最も多い原因がエアコンガスの不足です。
よく勘違いされますが、エアコンをい使ったからといって
ガスが減る事はありません。
密閉されるエアコンガスは漏れることがないとされますが
車は常に振動にさらされるため、実際は配管接合部分の僅かな隙間から
ガスが漏れ出してしまうようです。


古い車ほど接合部分の劣化が進み、漏れる量が多くなる傾向にありますが
2~3年でガスが不足になるような程度であれば正常範囲内といえます。
エアコンガスが不足していても致命的に漏れていない限りは
エアコンガスを補充する事で性能を回復させる事が出来ます。



エアコンの一番重要部分で有ります、コンプレッサー(写真の部品)
自体は非常に強固で丈夫に作られているため、故障する事は滅多に
ありませんが、エンジンの動力をベルトを介してコンプレッサーに
伝え、断続させる電機クラッチの不足により
エアコンが効かなくなる例が多々あります。

電機クラッチはエアコンのスイッチをONにすると、電機クラッチが繋がり
冷たい空気が出てきますが、電動クラッチが壊れるとコンプレッサーは
回らなくなるため、エアコンから冷たい空気が出なくなります。

エアコンのスイッチONは、エンジン回転数の低い状態で行って下さい。


小倉 

棚卸しと部品庫の整理

[2019/03/26]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
メンテナンスTips
弊社は毎年この時期決算の為、棚卸し業務を行います。
もちろんただ数量をカウントするだけでなく、在庫部品の棚卸しをしながら整理もします。
昨年新店舗に移転する際にかなり整理したので今回は比較的早く終わりました。
時折懐かしいパーツが出てきて手が止まる・・・なんて事は家の片付けと同じですが。

弊社の部品庫は4畳半程のスペースに棚をコの字型にレイアウト。
動線を考え、種類、目的別に配置しています。
同業者の方に見られても恥ずかしくないよう、日々整頓しています。
まだまだ気に入らない部分も多く、要改善です・・・
あるのか無いのか、もっと直感的にアクセスできるようにしたいところです。
左側は定期交換部品
(各種フィルター類、ベルト、スパークプラグ、ブレーキ関係、よくある修理でよく出る部品・・・)
常時2台分以上のストックをしていますが、ピークには切らせてしまう事もあり、見直しを進めています。

部品庫も当初は充分なスペースに思えましたが、新型車(エンジン)も出て暫くすると在庫すべきパーツが色々分かってくるのでどうしてもモノが増えていきます。
この時期に合わせてここに必要なものとそうでないものの取捨選択をやっておきます。
右側は油脂類、バッテリー、ショートパーツ等々。
PCJのガイドラインに則ったピッキング用トレイスペースも確保。

最近はディーゼル車が増えてきたので尿素水もよく出ます。
尿素水の車両側タンク容量は17リッターで消費量は大体1000キロ/Lです。
メーターにUREAメッセージが表示されても故障でない場合は残走行距離が表示されます。
しばらくは走れますが早めの補充をお勧めします。
出番の少ないパーツや何だか良く分らないモノは2階の別スペースへ移動。
これらの多くはいずれデッドストックとなります。
ここには私が入社する以前から引き継がれてきた謎のパーツが色々あります。
↑の爆弾のようなモノはハイドロサスペンション用スフェア。
色と形状から随分昔のモノのようですが、適用車種は不明です。
どこのお店でも大なり小なりこういったデッドストックが発生しているのではないでしょうか。

世間では食品ロスが問題視されていますが、自動車業界でも使われずに捨てられていくパーツが多いと聞きます。
パーツを設計する人、作る人、運ぶ人、ここへ来るまでに掛かっている多くの方の労力を考えると中々捨てるという事が出来ないんですよね。
何とか活用出来れば良いのですが。

シトロエン栗東

冬タイヤから夏タイヤの交換時期がいよいよまいりました。

[2019/02/27]

スタッフ:
シトロエン栗東
カテゴリー:
メンテナンスTips

いつもシトロエン栗東のブログをご覧いただき有難うございます。



本日は2月27日(水)、いよいよ2月も末日を迎えます。
いよいよ3月と言う事で、梅の香りが爽やかに漂う春暖の候
皆様方、お元気でお過ごしでしょうか。


今年も先日は暖かい日が続き、あの悩ましい花粉の季節が近づいてまいりました。
本格的な花粉の飛散時期は暖かくなる3月頃からとはいえ
万全の花粉症対策が必要かと思います。お気を付けて下さい。






また、スタッドレスタイヤからサマータイヤに戻す時期が近づいてまいりました。
気象庁の過去の気象データーでは、関西地区(滋賀県も含む)は、3月11日頃です。

私共、シトロエン栗東サービス工場でも、タイヤ交換をさせていただきます。
御入庫連絡をお待ちいたしております。




最後にそのままスタッドレスタイヤを履いていてはダメなの?
という疑問にもお答えしておきましょう。

最近のスタッドレスタイヤは乾いた路面でもスムーズに走れてしまうため
そのまま履き続けている方も見かけますが、実はスタッドレスタイヤは
サマータイヤと比べると氷雪路に強い反面、雨が苦手なタイヤ
と言うことを覚えておいて下さい。


冬には冬のタイヤ、夏には夏のタイヤを選ぶことが
ドライブを安全で楽しいものにしてくれるのです。

シトロエン栗東

OBD2について

[2019/01/29]

スタッフ:
シトロエン栗東
カテゴリー:
メンテナンスTips
bonjour ^_-☆

  皆様こんにちは、メカニックの中嶋でございます。
 いつもシトロエン栗東のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は前回説明させて頂きましたOBD2の続きでございます。
 OBD2は故障の診断に重宝されていますが、実は読み取れるのは異常の
 記憶だけではありません。

 シトロエンではパラメータと言い、車両の水温の温度、オートマチックト ランスミッションのオイル温度などが確認する事ができます。
 オートマチックトランスミッションオイルを交換する時はテスターを
 使用してオイル温度を確認しながら交換します。
 また、車両に取り付けられたセンサーからは、あらゆる情報がコンピュー ターに集められます。

 OBD2を介して、例えば、車速やGPS、燃費といったことも読み取ることが
 できるので、ドライブレコーダーやポータブルナビ、レーダー探知機と
 いったカー用品の中には差別化を図るために、OBD2の情報を利用した
 商品が増えてきています。

 車の進化とともに、整備の方法も今後どんどん進んでいくことに
 なります。整備をする私にも、こうした進化に対応することが求められ
 ます。これからも技術の勉強をしていきたいと思います。