シトロエン栗東

スタッフブログ

福井 邦充

センターキャップの汚れ落とし

[2017/09/16]

スタッフ:
福井 邦充
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
みなさまこんにちは。


店長の福井です。


久々の投稿で申し訳ございません・・・。


本日ご紹介させていただきますのは、


「センターキャップの汚れ落とし」です。


輸入車ってブレーキダストがめっちゃ出ますので、


ホイールは真っ黒に汚れますよね。


シトロエンの場合、ホイールは水洗いだけで綺麗にはなりますが、


4~5年以上お乗りのお車ですと、


センターキャップのメッキ部分には汚れが取れなくなっております。
こちらのC3は弊社の代車です。


下取りで入ってきまして、走行距離は13万km!!


過走行車の割には綺麗ですが、やっぱりセンターキャップは


酷く汚れております。


今回はこれを綺麗にする方法をお伝えいたします!

みなさまのお家のおトイレにもあると思います、


「サンポール」!


ま、サンポールやなくても、似たような物でもOKです。


これでセンターキャップのメッキは輝きを取り戻します!



先ずは、ホイールを水洗いして下さい。


水洗いで落ちる汚れにここまでする必要は無いので。

そして適当なスポンジにサンポールを付けます。


スポンジじゃなくてもOKです。


本当は4cmぐらいの布が一番良いかもです。

それではサンポールを着けたスポンジで


汚れている部分に塗っていきます。


ホイールは4本ございますので、先ずは汚れにサンポールを塗って下さい。


放置しすぎると危険なので2本づつでもOKです。


サンポールを塗ってから2~3分ぐらい待った方が汚れが取れやすいです。
2~3分ぐらい待ってからゴシゴシこすると


ご覧のようにメッキの輝きは復活です!


1回でとりきれない汚れもありますので、


そういう場合はもう一度チャレンジです。

こちらが、完成。


みなさま、いかがでしょうか?


簡単にできる作業ではあるのですが、リスクはめっちゃ有りますので


ご注意下さい。


ご注意頂きたいポイントは、


直接サンポールの液体が皮膚に着きますとヒリヒリしますので、


事前にゴム手袋の着用をお薦めします。


また、他のメッキ部分やボディーの塗装面にもサンポールが


かからないようにご注意下さい。


特に、今回のようにホイール部分にサンポールを使いますので、


絶対にブレーキローターへサンポールが付着しないようにしてください。


速攻でブレーキローターに錆が発生します。


また、付着した場合はすぐに水で洗い流して下さい。


ホイール取付ボルトも同様、錆びやすい部分には絶対に付着しないように


ご注意下さい。


詳しく聞きたい方にはお電話でもお答えしますのでお気軽に


ご質問下さい。


宜しくお願いします。


Copyright © PEUGEOT CITROËN JAPON CO.,LTD. / CITROËN Ritto All rights reserved.