スタッフブログ

草間 靖

紅葉です。

[2019/11/22]

スタッフ:
草間 靖
カテゴリー:
プライベートダイアリー
シトロエン栗東の草間でございます。
いつもお世話になっております。

早、11月も過ぎ去ろうとしております。

2019yも後、ひと月余りとなりました。


歳を重ねるにつれ、月日は早く流れますね。

充実した日々を送りたいものです。
先日、地元近くの醍醐寺に行ってまいりました。

醍醐寺は桜で有名ですが、紅葉もなかなかでした。

昨年は、平等院のライトアップに行きましたが、

醍醐寺もライトアップされた境内の荘厳さと紅葉が

心を鎮めさせてくれました。

又、皆さまもお近くにおいでの際は、

お立ち寄り頂ければと思います。

シトロエン栗東

実家の庭にムベの実がなりました

[2019/11/06]

スタッフ:
シトロエン栗東
カテゴリー:
プライベートダイアリー



今年も私の家の庭に植えております「ムベ」が沢山実を付けました。


11月に入り、少し赤紫色になってきました。
「ムベ」は不老不死の実と呼ばれているようです。
琵琶湖に東岸に位置する、滋賀県近江八幡市で
昔から「ムベ」と呼ばれる、伝説の果実が栽培されていました。

ニワトリの卵よりやや大きく、熟すと実が赤紫色になり
「食べると長生きする」という言い伝えから”不老長寿(不死)の実”
といわれ、古代から昭和50年代まで皇室に献上されていたようです。
その後は一旦途絶えましたが、平成に入って復活し
献上されているとのことです。

最近はメディアでも取り上げられて、ムベを求めて
全国からやって来られる人も後が絶えないようです。


それで昨日は定休日でしたので、食べ頃となったムベの実を
1個採って縦に割ると、中身の果肉は半透明の粘り気のあるゼリー状で
果汁と共に、無数の黒い種がいっぱいでした。
種が多い為、種と分離して食べるのは難しく、種ごと口に含んで
舌でしごくようにして、種を吐き出しました。
味は酸味がなく、強くはありませんが

まったりとした甘さが口に広がり美味しかったです。

畑瀬 

スイーツ

[2019/10/22]

スタッフ:
畑瀬 
カテゴリー:
プライベートダイアリー
シトロエン栗東スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。



10月も終盤に差しかかり木々の葉も少し色づき始めましたね!

何をするにもいい季節です。

この季節になりますと食欲が止まらなくなりますね~

買い物に行くとついついお菓子棚に行ってしまうのですが

先日この商品が目に入りました。

柿の種「ギャラクシーミックス」

このパッケージ、宇宙をイメージした虹色やら炎やらギャラクシー感が全面

に出ておりパンチありますよね!

JAXAの宇宙日本食として認証を受けた「亀田の柿の種」を記念した記念商品

第1弾です。

10月末までの期間限定なので即購入。

燃える隕石柿の種がホットチリ味、ブラックホール豆が黒こしょう味

宇宙をイメージしたネーミングがいいですね!

まだ食べておりませんが食べるのが楽しみです。

柿の種おつまみ以外にもたくさんのアレンジ料理があるみたいです。卵かけ

ご飯、サラダ、丼ぶり、揚げ物、色々と使えるようです。

皆様はアレンジ料理された事がありますか?ちょっと冒険ですが、私も一度

やってみようかと思います。

ショールームには柿の種は御用意しておりませんが飴ちゃんは多数

ございますので来店時はご賞味下さい。

小倉 

私の増税対策

[2019/09/24]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
プライベートダイアリー
いよいよ10月から消費税が10%になります。
軽減税率が設定されたり、期間限定のポイントが付いたりとか色々ややこしく混乱しそうです。
ネットを見ていると増税前に買っておいた方が良い物、後の方が良い物など特集されていますが・・・
過激すぎるネットの情報に踊らされないよう、本当に必要なものを見定めていきたいところです。

今持っている現金もこれから得る収入も商品化する際に2%目減りすると考えると、買い物は今まで以上に吟味する事になりそうです。
消費税の無い時代から実質1割可処分所得が減る事になるんですからね。
道理で金がたまらん訳です(泣)
↑増税を大義名分に購入した艦船模型(吟味した上で物欲に負けて決断)
横須賀を母港とするニミッツ級の原子力空母。
航空機セット(約45機)やディテールアップ用オプションパーツも購入。

プラモの箱絵はどれも力作で見ているだけでも満足してしまいます。
このワクワク感は子供の時から変わりませんね。
ここが写真だと個人的に満足度が低下します。
同じ1/700スケールなのに飛行甲板だけでこの大きさ!
この上を航空機で満載にします。
この大作を完成させるには1年位かかりそうです。

さて、シトロエン栗東では9/30まで「チェックアップキャンペーン15%OFF」をおこなっており、ワイパー、ブレーキパーツがお買い得となっております。
(増税後の10月以降に購入されるより17%お得です)
まだ交換の必要が無い方もスペアパーツとして保管されてはいかがでしょうか?

小倉 

自転車でヒルクライム

[2019/08/27]

スタッフ:
小倉 
カテゴリー:
プライベートダイアリー
琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」。
ここ滋賀県はサイクリストにはあまりにも有名で、全国から愛好家が訪れる聖地となっています。
琵琶湖を観光資源としている滋賀県も道路や施設の整備を進めており、「ビワイチ」はブランドとしても認知され成功を収めています。
周辺は休日はもちろん、平日もロードバイクを始めとする沢山のサイクリスト達で賑わっています。

そんな日常を見ているとやっぱり自分も乗ってみたくなるんですよね。
もっともガチガチのアスリートではないので、気軽なクロスバイクでのんびり景色を楽しむだけですが。
そんなビワイチばかりが目立つ滋賀県ですが、手軽に登れるヒルクライムのポイントも沢山あります。
シトロエン栗東の近くにも金勝山(標高538m)があり、たまに登っています。
「金勝山 ヒルクライム」で検索すると沢山Hitするので地元のサイクリストには結構有名なようですね。
頂上からはトレセン(JRA栗東トレーニングセンター)や三上山(近江富士)、琵琶湖が望めます。
ルートは色々あるので単調にならないよう工夫しています。
等高線の間隔を見ても前輪が持ち上がりそうになるような激坂ではありませんがかなりの急坂です。

うっそうと茂る森の中は景色も見えず、低速で風も無いので夏場はかなりの苦行。
いつまでも顔に群がる羽虫が息をする度に口に入ってきてキレそうになります。
コースを覚えるまでは今どの辺りなのか?この坂道はいつまで続くのか?不安に駆られます。
(歩いて登った方が明らかに楽だという意見はこの際無しで・・・)

コーナーを抜けるたびに現れ続ける壁のような坂道に気持ちが折れそうになりますが、頂上まで辿り着いた時の達成感は登った者にしか分からないものです。
楽してクルマで登った風景とは値打ちが違いますよ。
大雨の翌日はこんな事態にも遭遇します。
これくらいなら自転車を担いで乗り越えられますが靴はドロドロになります。
登ると決めたからには簡単に諦める訳にはいきません。
さすがにここまで崩落しているとお手上げです。
また泥まみれになって引き返しましたとさ。

休日の過ごし方はテレビを見たり音楽を聴いたりといった受け身なものと、自分で頭や体を使って動いていくという能動的なものがあります。
私にはどちらもパターンも当てはまりますが、後者の方がより充実した時間を過ごせていると感じます。
慌ただしい毎日を過ごしていると楽な方に流されがちですが、時々はこういった建設的な経験をして頭の中を活性化させたいものです。
ある目標に向かって努力するという習慣は趣味や日常生活だけでなく、普段の仕事にも活かせますしね。